水回り

集合住宅と違って一軒家は自由度があるので暮らしやすいですが、マンションなどの集合住宅にないトラブルもあります。
マンションは管理会社があるので、建物を維持するためにどのタイミングで何をチェックすべきかがわかっています。
そのため、トラブルが生じる前に予防ができます。
しかし、個人で持つ家にはそうしたプロフェッショナルな視野でチェックすることを知らないので、トラブルが生じてから業者に連絡するという後手後手になる場合が多いです。
塗装などの建物チェックも必要ですが、水回りのチェックも必要です。
トイレや台所、洗面所などで水漏れや悪臭がしてはじめて下水の排水管トラブルに気づくのです。
水道の元栓を止めれば、水漏れの拡大はある程度防げます。
現在は水漏れ110番といった24時間対応してくれる水道工事業者がいますが、明るい時間帯に依頼して修理や排水管洗浄を行ってもらうのがベストです。

専門家や事業者

古い排水管などはコーナーのつなぎ目のところに庭の植木の根が入り込んではびこり管内をつまらせる原因をつくることもあります。
また寒い時期になると、下水に流した油分が管の内側にこびりついて固まり、内径を狭くしている場合もあります。
そのほか、つまらせる原因物を取り除く作業は専門家に任せるのが一番です。
水道工事業者は排水溝から下水管も見てくれます。
排水溝を見つけることも上手ですし、排水溝のフタをあける道具なども持参してきてくれます。
必要に応じて排水管洗浄機も持っているので、依頼すると高圧洗浄をしてもらうことができます。
水道工事業者は、市の指定工事業者が金額的に不当な請求をせず安心です。
依頼すれば、ほぼ100%当日来てくれるので安心です。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031